ファッション

毎年恒例の「ツイード ラン トーキョー」 今年は「デニム ラン オノミチ」とコラボし、西日本豪雨の被災地に義援金を送る

 ツイードをドレスコードとしたサイクリングイベント「ツイード ラン トーキョー(TWEED RUN TOKYO)」が10月21日に開催される。7回目の今回は西日本豪雨の被災地支援を目的に、広島・尾道で行われる兄弟イベントの「デニム ラン オノミチ(DENIM RUN ONOMICHI)」とコラボし、「TWEED RUN TOKYO 2018 FEAT DENIM」として開催する。

 イベント参加者および支援者は、サイバーエージェントが運営するクラウドファンディングサイト「マクアケ(MAKUAKE)」で募集する。支援金の一部は「デニム ラン オノミチ」を運営するディスカバーリンクせとうちに復興活動費として寄付する。支援は3500円から可能で、イベント参加者にもノベルティーとして配られる「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS GREEN LABEL RELAXING)」の派生ブランド「ブラクトメント(BRACTMENT)」がデザインしたポンチョや、中国地方の工場などと組んで製作したデニム製サコッシュを返礼品として用意する。

 また、渋谷キャスト ガーデンをメーン会場に、イベント参加者以外も参加できるデニムトークセッションも催す。昨年に続き、デザインとアートの祭典「デザイナート 2018(DESIGNART 2018)」との連携も予定しており、スウェーデン出身のカリグラフィーアーティスト、LetterBoyが手掛けたチョークボードを展示する。

 「ツイード ラン トーキョー」は、自転車のマナー向上や楽しみ方を発信する目的で2012年から開催されているイベントだ。昨年の「ツイード ラン トーキョー 2017」は、台風の影響により“グループライド”を中止するなど、内容を一部変更した。「デニム ラン オノミチ」は16年に初開催。他にもウールの産地である愛知・尾州で行う「ツイード ラン ビシュウ(TWEED RUN BISHU)」などのスピンオフイベントがある。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら