ファッション

カニエ・ウェストが「2024年の大統領選挙に立候補するつもりだ」と発言

WGCIでのインタビュー映像

 大友克洋の「AKIRA」が自身のクリエイティビティーに大きな影響を与えていると発言し話題となったカニエ・ウェスト(Kanye West)だが、またも仰天発言で世間を騒がせている。

 先日、地元シカゴのラジオ局WGCIに出演したカニエは「(2020年の米大統領選挙に立候補すると15年に発表していたが)まだ出馬する意向はあるのか」という問いに対し、「真剣に考えているよ。24年には100%立候補するつもりだ」とコメント。続けてザ・バースデー・パーティー(The Birthday Party)という名の新党結成の考えも明らかにした。

 以前からカニエはドナルド・トランプ(Donald Trump)現大統領への愛を力説し、さらに大統領本人とツイッター上で親しげにやり取りを見せ対面も果たすなど、政界への関心を匂わせる行動をたびたび見せてきた。また今年4月に、とあるストリートアーティストが勝手に「#Kanye2024」のテキストと共に大統領選挙への出馬表明ポスターを全米各地に掲示した際、SNSをはじめとした世間の反応が思いのほかよかったことが、今回の発言に多少なりとも影響を与えたのかもしれない。

 なおトランプ氏が当選した際には、トランプ氏の当選をよく思わなかった人々の間で「#Kanye2020」というハッシュタグが拡散され、トレンド入りまで果たしていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら