ニュース

「ディオール」がストリートカルチャーの祭典「コンプレックスコン」に参加 ラグジュアリーブランドで初

 米カリフォルニア・ロングビーチのコンベンションセンターで開催されるストリートカルチャーの祭典「コンプレックスコン(ComplexCon)」は、11月3〜4日に開催する今年の同イベントに「ディオール(DIOR)」が参加することを明らかにした。ラグジュアリーブランドが同イベントに参加するのは初めてのことだ。

 トレードショーの「アジェンダ(AGENDA)」と「コンプレックスコン」のニール・ライト(Neil Wright)=イベント・ディレクターは、「ディオール」はブース出展するだけでなく、アクティビティーを用意しているという。また、「ディオール」以外の参加ラグジュアリーブランドは来週発表すると明らかにした。

 同氏は「コンテンツを改良するだけではなく、全く異なるブランドをミックスしてイベントに多様性を持たせる方法を模索していた。ラグジュアリーはアパレル全体においてもストリートカルチャーにおいても拡大し続けているトレンドだ。近年『シュプリーム(SUPREME)』と『ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)』のコラボに始まり、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が「ルイ・ヴィトン」のメンズ・アーティスティック・ディレクターに就任したり、キム・ジョーンズ(Kim Jones)の『ディオール』のファースト・コレクションではカウズ(KAWS)の巨大なムッシュー像が登場したりしている。ラグジュアリーとストリートウエアというコンビネーションは、これまでも同じ方向を目指して共に動いてきたことが多かった。今後はこの傾向がますます広まると思う」と語った。

 コンプレックス ネットワークス(COMPLEX NETWORKS)とリードポップ(REEDPOP)が2015年からスタートした「コンプレックスコン」は今年で3回目の開催となる。パネルディスカッション、スピーチ、パフォーマンス、アートインスタレーション、ポップアップショップ、限定アイテムのドロップ(発売)などのイベントが催され、ファッションだけでなく音楽、フード、アートなど多彩な内容のイベントだ。2017年はファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)、ジェイデン・スミス(Jaden Smith)、ヴァージル・アブロー、サラ・アンデルマン(Sarah Andelman)、村上隆、藤原ヒロシ、YOONなどをゲストに迎え、「アディダス(ADIDAS)」「ナイキ(NIKE)」「プーマ(PUMA)」「フィア オブ ゴッド(FEAR OF GOD)」「ゲス(GUESS)」「ピガール(PIGALLE)」などのブランドや、コレット(Colette)、アトモス(atmos)などのショップもブースを設けた。昨年は2日間で約5万人が来場し、商品の売上高は2000万〜2500万ドル(約22億〜27億円)だった。