ニュース

「M・A・C」が伝説の歌姫アリーヤから着想を得たカラーアイテムを発売

 「M・A・C」は7月13日、アメリカの歌手、アリーヤ(Aaliyah Haughton)から着想を得たカラーアイテムを発売する。ブランドとのコラボを望むアリーヤのファン2万5000人からの署名活動によって実現した。アリーヤは幼少期から芸能活動を始め、歌手活動の他、映画にも多数出演するなど人気絶頂だった2001年、飛行機事故により22歳の若さでこの世を去った。コラボコレクションでは、アリーヤが精力的に活動を行っていた1990年代のファッション、メイクトレンドをもとに作られた。

 9色のアイシャドウパレット「スモール アイシャドウ × 9 エイジ エイント ナッシング」(5900円)は、アリーヤの人気曲「Age Ain't Nothing but a Number」をイメージした。ブラウンやベージュのカラーに、パープルの差し色が印象的なパレットだ。

 リップスティックは全4色(各3300円)で、ラメ入りブラックの「ストリート シング」などをラインアップ。リップグロスも全4色(各2900円)で、パール入りのシアーヌード「ブルックリン ボーン」やダークパープル「ワン イン ア ミリオン」などがそろう。

 ソフトパール入りのブロンズパウダー「ベイビー ガール」(3500円)は、パウダーにサインが刻印されているほか、アイテムのパッケージにはアリーヤのサインがプリントされている。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら