ファッション

「ルイ・ヴィトン」がウィメンズも新宿伊勢丹でポップアップ 史上最多レベルの限定アイテム

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は11日、伊勢丹新宿本店本館の1〜4階にポップアップストアをオープンした。先行して4日に設けたメンズのポップアップ同様、17日まで。期間中は、本館1階に3つの売り場(ザ・ステージとバッグのポップアップ、メンズのポップアップ)、2階にシューズのフロア、3&4階にプレタポルテの売り場を設け、同店低層階の主要イベントスペースをジャック。ウインドーやバッグ売り場のディスプレー、各売り場を繋ぐエスカレーターまで「ルイ・ヴィトン」仕様だ。

 4フロアには、3万円のスカーフから6万8000円の財布、10万5000円のスニーカー、17万8000円のモノグラムをプリントしたミンクファーのローファー、85万8000円のレザーブルゾンまで、最大規模の同店限定アイテムを用意した。アイコンバッグには、ビンテージのトランクをトロンプルイユ(だまし絵)。そんなアイテムを各フロアのイベントスペースに設置した、トランクを思わせる空間で販売する。

 先行したメンズのポップアップは、オープン2日目の15時までは事前抽選の当選客しか入れないなど大人気で、3億〜4億円(「WWDジャパン」推定)の予算をクリアしたようだ。「ルイ・ヴィトン」のブティックを常設で構えていない同店のポップアップには毎回、多くのカード顧客などが買い物に訪れるという。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら