フォーカス

知れば“今”の見方が変わる 現代史のターニングポイント“1968年”から50年

 今年2018年は“1968年”から数えてちょうど50年に当たる。68年には、フランス五月革命をはじめとする反体制運動、公民権運動、プラハの春、学生運動の拡大など既存の価値観や体制に異議を唱えて自由を求める機運が世界各地で生まれた。自由を求めるムードは、政治に限らず若者のファッションや映画などのカルチャーにも浸透していった。当時の出来事は現代社会のひとつの礎となって、半世紀を経てなお引き継がれている。現代史のターニングポイントとも言える1年から50年の今、当時を振り返り、いまのファッション・ビューティ業界の動向を理解するための一助としたい。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら