ファッション

「J.S. バーガーズカフェ」メニューが一新 ビーフパティは1.5倍の150gにボリュームアップ

 ベイクルーズグループのフレーバーワークスが手掛けるハンバーガー専門店「J.S. バーガーズカフェ(J.S. BURGERS CAFE)」は6月27日、グランドメニューを一新する。

 ビーフパティは、旨みが濃いオーストラリア産牛肉のブリスケット(肩バラ)を使った粗挽きで、サイズも従来の1.5倍の150gにボリュームアップした。和やアジアのエッセンスを加えた食欲そそる“ホット&スパイシー”なメニューなどがラインアップする。

 夏にぴったりの“アングリーホットバーガー”(1380円)は、タイ産ホットソース“シラチャーチリソース”を使った辛旨トマトソースに、ハラペーニョをトッピング。バンズにはコチュジャンをディップし、クセになる旨辛バーガーに仕上げた。“アボカドサルサバーガー”(1210円)は、メキシコ風のトマトサルサに、レモングラスやタイの生姜、カー、コブミカンの葉などトムヤムクンに欠かせないハーブのペーストを加えてエスニック風にアレンジ。“アジアンスロードッグ”(880円)は、柑橘の香るドレッシングにパクチーとトムヤムクンペーストを加えたアジアンテイストのコールスローをたっぷりトッピングする。“シュリンプポーボーイ・サンドウィッチ”(980円)は、ニューオリンズ風のスパイシーなマヨネーズソースに、中国・四川料理で多用される花椒(ホアジャオ)のしびれる辛さをアクセントにした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。