ニュース

M&Aで勢いに乗るメガネスーパーの新会社ビジョナリーHDは増収増益

 眼鏡専門店チェーンのメガネスーパーを中核企業とするビジョナリーホールディングスが2018年4月期決算を発表した。売上高は計画比5.6%増の217億円、営業利益は同0.2%増の7億円、経常利益は同4.5%減の5億7000万円、純利益は繰延税金資産を計上し同209%増の7億円。店舗数は、前期末比31店舗増の381店舗だった。

 星﨑尚彦ビジョナリーホールディングス社長は、「アイケアカンパニーとして行ったさまざまなサービスや施策が結果につながり、数値的目標を達成した」と話した。
同社はメガネスーパーが昨年11月に設立し、東京証券取引所JASDAQに上場。関西のシミズメガネ(11店舗)や青森県のメガネのタカハシなど眼鏡チェーン店のM&Aや、卸販売の新会社ビジョンウェッジ設立、出張訪問販売や来店予約システムの整備など、近年積極的な事業拡大とサービス強化を図っており、メガネスーパーが3期連続の黒字、既存店の売上高は16年2月以降、27カ月連続で前年実績を上回る好調が続いている。

 19年4月期の売上高は前年同期比16%増の253億円、営業利益は同61%増の11億円を計画している。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら