ビジネス

「ザラ」を擁するインディテックスがECと実店舗の在庫管理システムを年内に統合へ

 「ザラ(ZARA)」や「ベルシュカ(BERSHKA)」を擁するインディテックス(INDITEX)は、オンライン(EC)とオフライン(実店舗)の全ての在庫管理システムを2018年末までに1つのシステムに統合する。この統合プロジェクトは同社の拠点であるスペインで17年に導入し、その後20の市場で導入されているが、18年末までに全ての市場で導入が完了する。

 インディテックスが所有する店舗の多くは賃料が高いエリアに位置するが、店舗に在庫を置くことに関してスペースを無駄にするのではないかという意見に対し、同社はコストは「大した問題ではない」とし、マルコス・ロペス(Marcos Lopez)=キャピタル・マーケット・ディレクターは「スペース的な観点から言えば、テーブルと椅子(ほどのスペース)が在庫管理室に必要になるだけだ」とコメントしている。

 同社はRFIDタグをいち早く導入するなどして引き続きロジスティクス(物流)に投資している。広さ約9万平方メートルという今夏開業予定のスペインとオランダの物流センターへの投資は計1億5000万ユーロ(約193億円)を超える。しかし将来的には、投資は減らしていくという。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら