ファッション

「ターミガン」のデザイナーによるショップが代々木公園前にオープン

 シューズブランド「ターミガン(PTARMIGAN)」の草賀雄介デザイナーは6月15日、自身のオフィスの一部を活用したショップ「プレイグラウンド(PLAYGROUND)」を代々木公園前にオープンした。ショップのブランディングは1LDKの内装なども行うワヴデザインが担当。店舗面積約20平方メートルの店内には「ターミガン」の他、同ブランドのデザイナーがディレクターを務めるバッグブランド「キルナ(KIRUNA)」や韓国人アーティストAokizyによるポスターなど、幅広いアイテムを並べる。

 店頭では、顧客が持ち込んだシューズにフリーロックシューレーシングシステムを取り付けるサービスも展開する。これはシューレースの代わりにダイヤルを装着し、快適な着脱を可能にするもので、当面は「ナイキ(NIKE)」の“エア フォース 1(AIR FORCE 1)”を対象に行う。料金は1足あたり1万円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら