ファッション

「ステューシー」が原宿にポップアップストアをオープン

 ロサンゼルス発カジュアルブランド「ステューシー(STUSSY)」は6月6日、ポップアップストア「ステューシーポップアップインハラジュク(STUSSY POP UP IN HARAJUKU)」をオープンする。場所は、アートギャラリーのザ・マス(The Mass)に隣接するキャットストリートの一角。もとはシューズブランドの店舗であった建物を活かし、その内側に一回り小さな建物を杉材で組み上げた黒のハウスインハウスに、オールドストックロゴのネオンサインが目印だ。

 内装のペールグリーンの壁面には、「ステューシー」のビンテージのサーフボードや、沖嶋信ステューシー ジャパン ディレクターがLAのサーフポイントであるローワートレッスルズで撮影した写真を展示するなど、ロサンゼルスブランドである「ステューシー」の世界観を詰め込んだ。

 アイテムは、ブランド草創期のロゴを使用した東京限定のスペシャルエディションTシャツを中心としたサマーコレクションをラインアップする。

 ステューシー ハラジュク チャプターは現在改装中で、今秋リニューアルオープン予定だ。

■STUSSY POP UP IN HARAJUKU
期間:6月6日〜9月中旬
時間:11:00〜20:00
住所:東京都渋谷区神宮前5-11-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら