ファッション

「フラグメント」×「LV」がコラボ記念パーティーを開催

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と藤原ヒロシが主宰する「フラグメント デザイン(FRAGMENT DESIGN)」は4月20日、ポップアップストアのオープンを記念し、レセプションパーティーを開催した。会場となった「バツ アートギャラリー(Batsu Art Gallery)」は、1990年代のNYを意識した空間。グラフィックデザイナーで「シーイー(C.E)」のデザイナー、スケートシング(Sk8thing)と藤原ヒロシによるグラフィティが施された地下鉄車両を設置した。「ザ・マス(The Mass)」では、ライゾマティクスリサーチの真鍋大度が手掛けた体験型映像展示が行われた。

 会場には、俳優の斎藤工や高橋一生、音楽プロデューサーでデザイナーのVERBAL、メンズファッション誌「メンズノンノ(MEN'S NON-NO)」専属モデルで俳優の成田凌、モデルの江原美希ら多くのセレブリティが来場し、フォトグラファーの新田桂一が“PARIS - TOKYO Louis V. & FRAGMENTS”と書かれたフォトコールを前に撮影した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら