ファッション

のんやゆうこす、たなかみさきら参加、CINRAがアート展「#もしもSNSがなかったら」を開催

 カルチャーメディア運営のCINRAがLINEモバイルと共同で、SNSをテーマにしたアート展「SNS展 #もしもSNSがなかったら」を開催する。会期は5月19〜27日で、会場は東京・秋葉原にあるアーツ千代田 3331。同展は日常生活に当たり前に溶け込んだLINEをはじめとするSNSの存在を考え直すためのもので、女優ののんをはじめ、モテクリエイターのゆうこす、イラストレーターの小山健、イラストレーター兼コラムニストの能町みね子、小説家の燃え殻、写真家の濱田英明ら6人が作品を発表する予定。

 また、彼ら6人がキュレーターとなり、SNS上で公募した「#もしもSNSがなかったら」というテーマの投稿からも作品を選出、一般作品として展示をする。その他、CINRAが運営する女性向けメディア「シーイズ(She is)」で活躍する詩人の最果タヒやイラストレーターのたなかみさき、塩谷舞「ミリュー(milieu)」編集長、東佳苗「縷縷夢兎」デザイナーらの作品も同時展示する計画だ。

■SNS展 #もしもSNSがなかったら
日程:5月19〜27日
時間:11:00〜20:00
場所:アーツ千代田 3331
住所:東京都千代田区外神田6-11-14 1階メーンギャラリー
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら