ファッション

「好きより“インスタ映え”を優先」 SNS中心のインフルエンサー生活

 こんにちは。金髪頭を続けておかげさまでもうすぐ2年になる、濱崎真実です。フォロワーは1週間で80増え、とうとう1000フォロワーを超えました。3ケタが4ケタになったことは、かなりうれしいです。

 アカウントを開設してから2カ月とちょっとが経ちました。1000フォロワーを達成したところで、今回は生活面での変化をいくつか振り返ってみたいと思います。

 まず1つ目が服装です。アカウント開設前はイベントでもないと適当な格好で出かけていましたが、インスタグラム用の写真を撮ることが生活の中心になったので、以前より気を使っています(笑)。ただオシャレをするということではなく、写真を撮りそうな日はできるだけ今まで載せていないような服装をするように心掛けています。ネイルも常にきれいな状態を保つように意識しています。物を撮る時とか、ネイルしてる爪としてない爪では“映え”に差がつきます。今まではネイルサロンに通っていましたが、自分でネイルキットをそろえました。

 2つ目は、かなり出費が増えました。新しいコスメを買う。インスタに映えるカフェに行く、有料の加工アプリをダウンロードする。全ては“インスタ映え”のためです。私はそれを“インスタ課金”と呼んでいます(笑)。結構な出費の“インスタ課金”については、今後の記事で詳しくお話しようかと思っています。

 3つ目は“インスタ課金”の話にもつながりますが、外食時に自分が食べたいものではなく、少しでも“インスタ映え”するものを注文するようになりました。全然食べたくないものを頼む、なんてことは日常茶飯事です(笑)。食べ物が大好きなので結構なストレスですが、私が食べたいものを友達が代わりに頼んで、笑いながら分けてくれたりしています。感謝です。

 こんな感じで他にも生活においてさまざまな変化を感じています。ですが、慣れましたね、やっと慣れた。でもこの生活をみなさんにオススメするかと聞かれたら、絶対しません(笑)。今週も引き続き頑張ります!

[instagram url="https://www.instagram.com/p/BhotlxjD2Ld/"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら