ファッション

ソウルのストリートはエレガンス回帰 2018-19年秋冬ソウル・ファッション・ウイーク

 2018-19年秋冬のソウル・ファッション・ウイーク会場付近では、ストリートファッションが成熟期に入ったのか、ストリート的要素とエレガントな要素をミックスするスタイルが多く見られた。ブランドロゴブームは前回に比べ少し落ち着きを見せ、ビッグシルエットから、ベルトやウエストポーチ、ボディーバッグなどでウエストをマークするスタイルへと変化したようだ。また、赤をアイテムなどで差し色として取り入れるスタイルも多かった。

 一方で、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」から火がついたソックスブーツや、アウターを羽織って肩を見せる“肩落ち”スタイルの人気はいまだ健在だ。来場者の着用ブランドは、「ディオール(DIOR)」「グッチ(GUCCI)」「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」の他、「プッシュボタン(PUSH BUTTON)」など地元韓国ブランドも確認できた。

 人気だったアイテムはデニムジャケットやスカーフなど。バッグは小さめが主流で、他都市同様に柄はタータンチェックが人気のようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら