ファッション

米「WWD」が捉えた東京ストリート、共通点は“毒”のあるファッション 2018-19年秋冬「アマゾン ファッション ウイーク 東京」

 3月19〜24日、2018-19年秋冬の「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」が開催された。

 海外から見た東京のファッションシーンは、パステルカラーを中心とした“Kawaii”ファッションのイメージが先行しがちだが、今シーズン、米「WWD」のフォトグラファーの目に多く留まったのは、ピンクやパープル、オレンジ、赤などネオンカラーや蛍光色をはじめとするケミカルな色使いを取り入れた、どこか“毒”のあるスタイルだった。

 他にも、さまざまな素材や柄を自己流にミックスしたスタイル、ロングスリーブやパワーパッドなどを取り入れたアンバランスな着こなし、レトロなムードの中にもスポーティーな装いが多く見られた。

 足元は前シーズンまでスニーカーが圧倒的人気だったが、今シーズンは男女ともに厚底ブーツも支持を得た。バッグは他都市同様、クロスボディーバッグが人気だ。

 また、スナップ常連のミーシャ・ジャネットやAMIAYA、畠山千明、YOSHIの他、モデルの阿部ジュリアらも来場。韓国ブランド「フライノック(FREIKNOCK)」のショーに来場した韓国ガールズグループ、T-ARAメンバーのヒョミンの姿もあった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。