ニュース

「オニツカタイガー」から桜を使った草木染めのレザースニーカー登場

 「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」は3月22日、マイトデザインワークスが草木染めをした素材を使ったスニーカー“メキシコ66(MEXICO66)”と“タイガーアリー(TIGER ALLY)”を発売する。価格はそれぞれ1万9000円で、「オニツカタイガー」一部店舗と公式サイトで発売する。

 淡いピンク色は、本物の桜の枝を煮出して抽出した色素で染め上げ、化学染料を一切使わない草木染めの工程はマイトデザインワークスの職人が全て手作業で行った。

 マイトデザインワークスは、“自然にもヒトにも優しくありたい。使い手と共に歳を 重ねていけるようなものを作りたい”をコンセプトに、天然染色製品やニット製品の企画から販売までを手掛ける。