ファッション

「アディダス オリジナルス」の2018年のブランドフィルムが公開 プレイボーイ・カルティやケイトラナダらが登場

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」が、新ブランドフィルム「Originals Is Never Finished 2018」を公開した。

 映像には、ヒップホップ・クルーのエイサップ・モブ(A$AP Mob)に所属するラッパーのエイサップ・ファーグ(A$AP Ferg)、アトランタ出身の実力派若手ラッパーのプレイボーイ・カルティ(Playboi Carti)、25歳ながら多くのアーティストのプロデュースも行いつつ16年に発表した自身のアルバム「99.9%」も高い評価を受けたケイトラナダ(KAYTRANADA)、シンガーでモデルのデュア・リパ(Dua Lipa)、元EXOで俳優のルハン、「アディダス スケートボーディング(ADIDAS SKATEBOARDING)」に所属するプロスケーターのマイルス・シルヴァス(Miles Silvas)、NBAの「ゴールデンステート・ウォリアーズ(Golden State Warriors)」に所属するニック・ヤング(Nicholas Young)、フランスと中国のハーフでストリートブランドを着こなす人気モデルのエイドリアン・ホー(Adrianne Ho)、スペインの「レアル・マドリードCF(REAL MADRID CF)」に所属するマルセロ・ヴィエイラ(Marcelo Vieira)、女性フットボールプレーヤーのフロレンシア・ガラルサ(Florencia Galarza)の10人が世界に影響を与えるクリエイターの代表として登場。常に進化を追い求めるブランドと、彼らのクリエイティビティーを追い求める姿を重ね合わせた。BGMには女性シンガーのイナヤ・デイ(Inaya Day)が96年に発表した「Keep Pushin」のリミックス盤が使用されている。

 なお、映像内でデュア・リパやエイドリアン・ホーは先日リニューアルした「アディダス オリジナルス」のアパレルライン“アディカラー(adicolor)”を着用している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら