ファッション

KANDYTOWNのYOUNG JUJUが、メジャーデビューを記念しイベント開催 「ピガール」が協賛

 東京・世田谷エリアを拠点とするヒップホップ・クルーKANDYTOWNの中心メンバーでラッパーのKEIJU as YOUNG JUJUが、ソニー・ミュージックレーベルズとのメジャー・ディール締結を発表した。これに合わせ、これまでのYOUNG JUJUから本名をモチーフとしたKEIJU as YOUNG JUJUへと改名。さらに、1月28日にメジャーデビューを記念したイベント「KEIJU as YOUNG JUJU Presents “7 Seconds” Supported PIGALLE」を、「ピガール(PIGALLE)」と共に東京・渋谷のサウンド ミュージアム ビジョン(SOUND MUSEUM VISION)で開催する。

 KEIJU as YOUNG JUJUは、1992年生まれ。若くして地元世田谷でヒップホップ・クルーYaBastaを結成して活動を開始。その後、別クルーのBANKROLLや地元の友人と共にKANDYTOWNを結成。KANDYTOWNとして2016年にアルバム「KANDYTOWN」でメジャーデビューを果たしているが、ソロデビューはクルー初。独特な歌声とスムーズなフロウが評価される一方、古着屋で働いていた経歴などからファッション業界からも注目を集めている。

 イベントは、16時開場・開演で、入場料は3000円(別途ドリンク代として500円)。KANDYTOWNに加え、Fla$hBackSのJJJやtofubeatsらKEIJU as YOUNG JUJUと親交のあるアーティストが多数出演する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら