ファッション

「ハーパーズ」のクリエイティブ・ディレクターが米「エル」に移籍

 「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」のクリエイティブ・ディレクター、スティーブン・ガン(Stephen Gan)が米「エル(ELLE)」のクリエイティブ・ディレクターに就任することが判明した。

 ガンは1999年創刊の「Vマガジン(V MAGAZINE)」や2003年創刊の「Vマン(VMAN)」の編集長を務めるかたわら、15年間「ハーパーズ バザー」のクリエイティブ・ディレクターを務めた。ガンが「エル」に参加するのに伴い、フォトグラファーやスタイリストなども一新するという。

 17年9月に米「エル」編集長に就任したニーナ・ガルシア(Nina Garcia)は「スティーブンはクリエイティブなビジョンの持ち主だ。リスクを冒して伝統的なデザインの先を行こうとする彼の姿勢をずっと尊敬してきた。彼には次に何が流行するかを正確に当てる驚異的な能力が備わっていて、『エル』読者の心をつかむものが何かも理解している」とコメントした。

 「ハーパーズ バザー」を去るガンは「編集長のグレンダ・ベイリー(Glenda Bailey)は『ハーパーズ バザー』で素晴らしい経験を与えてくれた。彼女とキャロル・スミス(Carol Smith)=ヴァイス・プレジデント兼最高売上責任者が同誌を成功に導いたのを見ていた。今後は『エル』に携われることをとても楽しみにしている」と語った。

 「ハーパーズ バザー」を擁するハースト(HEARST)社はガンの後任を依然として発表していない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら