ファッション

「キス」が「西川ダウン」とコラボ ナノ・ユニバース限定で発売

 米ニューヨークのストリートウエアショップ「キス(KITH)」は、日本の寝具メーカー東京西川とナノ・ユニバース(NANO UNIVERSE)の協業ブランド「西川ダウン(NISHIKAWA DOWN)」とコラボする。アメリカの「キス」では昨年末に発売し、日本国内では、1月13日11時にナノ・ユニバースの公式オンラインショップのみで発売する。

 ダウンジャケットとダウンパンツを2型ずつ用意し、アイテム名には「キス」のロニー・ファイグ(Ronnie Fieg)=ディレクターの遊び心で、“間ノ岳”や“中目黒”“大阪”といった日本の地名を付けた。「西川ダウン」の“アークティックジャケット”をベースにUSAダウンを2倍以上詰めた“アイノダケ パーカ(AINODAKE PARKA)”(6万3000円)と、同素材の“オオサカ ダウンパンツ(OSAKA DOWN PANTS)”(2万9000円)は、ともに高い保温性を有する。「キス」オリジナルのシックなウッドランドカモとインパクトあるスノーカモ、チーターの3種類の柄を使用する。また、スエットのような見た目のプルオーバーダウンジャケット“ナカメグロ ジャージー 1/4 ジッププルオーバー(NAKAMEGURO JERSEY 1/4 ZIP PULL OVER)”(2万8000円)は、取り外し可能なフード付き。同素材を使ったセットアップの“オオサカ ジャージーダウンパンツ(OSAKA JERSEY DOWN PANTS)”(2万3000円)も販売する。カラーはヘザーオートミール、ヘザーピンク、シンダーの3種類。

 「キス」と「西川ダウン」のコラボは2016年以来2回目。前回は「トーキョーコレクション(TOKYO COLLECTION)」と題して「ワンズストローク(ONES STROKE)」や「カミナンド(CAMINANDO)」といった日本ブランドともコラボした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら