ファッション

「キス」が「西川ダウン」とコラボ ナノ・ユニバース限定で発売

 米ニューヨークのストリートウエアショップ「キス(KITH)」は、日本の寝具メーカー東京西川とナノ・ユニバース(NANO UNIVERSE)の協業ブランド「西川ダウン(NISHIKAWA DOWN)」とコラボする。アメリカの「キス」では昨年末に発売し、日本国内では、1月13日11時にナノ・ユニバースの公式オンラインショップのみで発売する。

 ダウンジャケットとダウンパンツを2型ずつ用意し、アイテム名には「キス」のロニー・ファイグ(Ronnie Fieg)=ディレクターの遊び心で、“間ノ岳”や“中目黒”“大阪”といった日本の地名を付けた。「西川ダウン」の“アークティックジャケット”をベースにUSAダウンを2倍以上詰めた“アイノダケ パーカ(AINODAKE PARKA)”(6万3000円)と、同素材の“オオサカ ダウンパンツ(OSAKA DOWN PANTS)”(2万9000円)は、ともに高い保温性を有する。「キス」オリジナルのシックなウッドランドカモとインパクトあるスノーカモ、チーターの3種類の柄を使用する。また、スエットのような見た目のプルオーバーダウンジャケット“ナカメグロ ジャージー 1/4 ジッププルオーバー(NAKAMEGURO JERSEY 1/4 ZIP PULL OVER)”(2万8000円)は、取り外し可能なフード付き。同素材を使ったセットアップの“オオサカ ジャージーダウンパンツ(OSAKA JERSEY DOWN PANTS)”(2万3000円)も販売する。カラーはヘザーオートミール、ヘザーピンク、シンダーの3種類。

 「キス」と「西川ダウン」のコラボは2016年以来2回目。前回は「トーキョーコレクション(TOKYO COLLECTION)」と題して「ワンズストローク(ONES STROKE)」や「カミナンド(CAMINANDO)」といった日本ブランドともコラボした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら