ファッション

ティーに魅了された日米4人の男たち “パンク”な味から始まった新たな出会い

 LA発のティー専門店「アルフレッド ティー ルーム(ALFRED TEA ROOM)」が2017年秋、日本に上陸した。ミレニアルピンクのフォトジェニックな店装やパッケージデザインは、オープン前から話題を集めていた。今となってはそのSNS映えするデザインだけでなく、こだわりの味にファンが増えている。お茶といえばアジアやヨーロッパを想定するが、LA発の「アルフレッド」は厳選茶葉を使用した“本質の美味しさ”を追求しつつも、アメリカらしいカジュアルで遊び心あるスタイルが独創的。来日した「アルフレッド 」のジョーダン・G・ハーディン(Jordan G. Hardin)=ビバレッジ・ディレクターとジョシュア・ザッド(Joshua Zad)創始者兼最高経営責任者(CEO)、日本で運営するカフェ・カンパニーの楠本修二郎・社長と日本メニューを手掛けた伊藤孝志「ラヴォンド ティー サロン(LUVOND TEA SALON)」店主に話を聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):カフェ・カンパニーは17年、ギンザ シックス(GINZA SIX)にティーマイスターの伊藤孝志と共にスペシャルティー・ティーサロン「ラヴォンド ティー サロン」をオープンした。きっかけは?

楠本修二郎カフェ・カンパニー社長(以下、楠本):伊藤くんが作るミルクティーが絶品で、それがきっかけで本格的にお茶を始めようと思った。ミルクティーって、メルヘンで女の子の飲み物というイメージだったが、飲んだ瞬間“パンク”だと思った。すごくインパクトがあった。お茶は心を落ち着かせてくれるだけではなく、高揚させてくれるエネルギーもあるなって。そうしたお茶の可能性を追求したいと思った。

WWD:「アルフレッド」との出合いは?そして、魅力とは?

楠本:LAでたまたま見つけたお店。ピンクやグリーンなどのカラーパレットが日本で新しいし、映えると思った。これは僕たちでも出せないカラー。NYとは違うカルチャーが根付くLAは気候も含めて、行くたびにスマイル&ハッピーにしてくれる。「アルフレッド」の2人こそ、LAのそうした気分と共に日本に楽しさを運んでくれると思った。East meets West. 西洋と東洋のお茶文化を交え、国籍を感じない挑戦的で新しいメニューを開発していきたい。

WWD:青山店はLA本店と違う点は?

ジョシュア・ザッド「アルフレッド」創始者兼CEO(以下、ジョシュア):チャーミングな印象。ソファーを並べた2階は、ラウンジのようにリラックスした雰囲気になっている。大通りを少し入った場所にあるLAの店舗は少しこぢんまりとしているけど、違ったムードで心地いいよ。

WWD:「アルフレッド」のティーのこだわりは?

ジョシュア:「アルフレッド」は元々コーヒーから始まったブランドで、コーヒーのノウハウはあった。でもティーは知らなかった。まず、「アルフレッド」流にポップ&ファン、かわいくてワクワクするようなティーを思い立った。だけど、中国の伝統的なお茶文化を取り入れた本格的な味わいを追求しているよ。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら