ニュース

ブランド初のネイルカラーが登場 「ダズショップ」 × マドモアゼル・ユリアのレトロなコラボ

 コスメブランド「ダズショップ(DAZZSHOP)」はDJやデザイナーとして活躍するマドモアゼル・ユリアとの2シーズン連続コラボの完結として「ダズショップ2018 スプリング コレクション エモーショナリズム」を1月5日に発売した。

 今回のコレクションは、朝のシーンをイメージした明るい春カラーが特徴。限定パッケージはマドモアゼル・ユリアが一番好きな花というボタンのモチーフを施し、レトロなデザインに仕上がった。

 今回はブランド初のネイルカラー「エモーティブ ネイル パフォーマー」(各1700円)が登場した。ブルーパール配合のピンク「ビューティフルネーム」やダークグレーの「ウィズファリーン」などスモーキーな全7色と、ベースコート、トップコートがラインナップ。

 アイシャドウは2タイプ3色が新たに加わり、濡れたような艶が出る新感触のアイシャドウ「スパークリング ジェム」(2500円)にはモーヴピンクの新色「シネマティック 11」が登場。定番のワンカラーアイシャドウ「アリュールド シングル アイシャドウ」(2000円)は、ラベンダーグリッターの「テンダーシャワー」とピーチピンクの「ネオパラダイス」が加わった。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら