ファッション

「マイン」 × 「ディッキーズ」の人気パンツに新色登場 発売記念パーティーも

 「メゾン ミハラ ヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)」の美学を受け継ぎつつ、ストリートカルチャーにフォーカスしたブランド「マイン(MYNE)」と「ディッキーズ(DICKIES)」は12月8日、コラボパンツ“SIDE LINE SNAP WIDE PANTS”の新色を発売する。ベイクルーズが手掛ける東京・渋谷のセレクトショップ、パルプ 417 エディフィス(PULP 417 EDIFICE)との別注アイテムで、価格は2万3000円。ブラックのボディーにネイビーとイエローのサイドラインが映える仕上がり。イメージビジュアルには、ラッパーのSALUとモデルのUnaを起用した。

 EXILEのダンサー、世界らが同パンツのファンとして知られ、4月末の発売からすでに2000本を売り上げている人気のアイテムだ。

 また、発売日の8日に「パルプ 417 エディフィス」でポップアップストアをオープンし、初日にはエントランスフリーのパーティーも開催する。時間は19時から21時半までで、ラッパーのSALUとONE a.k.a ELIONEがライブを披露する他、モデルのUNAとMATCHA、ASAMIのDJを予定している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら