ファッション

ウィズムが新宿に新店舗 選挙後のアノ人が“希望”を込めて登場

 ベイクルーズが運営するセレクトショップのウィズム(WISM)は、東京・新宿のスローブ イエナ(SLOBE IENA)跡地(新宿区新宿4-1-7 2F)に3店目となる新店舗を10月28日に開く。店舗面積は172平方メートルで、“ゲームセンター&ラボラトリー”をコンセプトに、実際にプレー可能なインベーダーゲームやビリヤード台を設置し、キャッシュカウンターはステンレス製にするなど、混沌とした新宿の街に合わせた内装に仕上げている。オープンを記念し、ジュエリーブランド「ホーセンブース(HOORSENBUHS)」のポップアップも開催する。
 
 新店舗オープンのビジュアルには、新宿を象徴する小池百合子・東京都知事似の芸人、八幡カオルを起用。広報は「ウィズム新宿は大きな“希望”を胸に抱き旗揚げします」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら