フォーカス

各種メディアも絶賛 高級美容液を他の半額以下で買えるブランドが人気

 最近海外のSNSや各種メディアで人気を集めているスキンケアブランド「ザ オーディナリー(THE ORDINARY)」。シンプルでおしゃれなパッケージには、「レチノール1%ソリューション」「ニアシンアミド10%+亜鉛1%」「アスコルビル酸テトラヘキシルデシル ソリューション20%イン ビタミンF」「アゼライク酸サスペンション10%」など、一般の人には少し理解が難しそうな化学成分が商品名として印字されている。一番の驚きは、その値段。もっとも安価なもので「サリチル酸2%ソリューション」と「レチノール0.2%イン スクワラン」がそれぞれ8.40ドル(約940円)で、高価なものが「アスコルビル酸テトラヘキシルデシル ソリューション20% イン ビタミンF」と「ビュッフェ」がそれぞれ19.90ドル(約2220円)だ。一般的な化粧水や美容液に使用されているヒアルロン酸の美容液も10.90ドル(約1220円)だ。他社商品の半額以下で買えるアイテムばかりがそろう。同ブランドはSNSだけでなく、海外の媒体「アリューア(ALLURE)」「リファイナリー29(REFINERY 29)」「イントゥー ザ グロス(INTO THE GLOSS)」英「エル(ELLE)」英「ヴォーグ(VOGUE)」もを取り上げており、さらにニューヨーク・コレクションのバックステージでも使用されていた。「サンデー・タイムズ(THE SUNDAY TIMES)」「グラツィア(GRAZIA)」「CEW(コスメティック エグゼクティブ ウーマン)」など数々の賞も受けている。

 幣紙記者ももちろん気になり、美容液やケミカルピーリングを含む全8品を1万6000円以下で購入。例えば日本でも人気のローズヒップオイルは100%オーガニックのコールドプレスのもので16.90ドル(約1890円)。高価な他社商品に負けないくらいのクオリティーで、使い心地も抜群。AHAとBHAを含んだピーリングも、個人的に効果を実感できた。商品名が成分名でもあるため若干選ぶ際に迷ってしまう点は否めないが、サイトには各商品についての成分や効能、使い方をきちんと説明している。そして公式インスタグラムアカウントに寄せられたコメントや質問にもきちんと答えている。


 
 さらに注目すべき点は、「ザ オーディナリー」を手掛けている企業のデシエム(DECIEM)だ。2013年にカナダで創業され、「ザ オーディナリー」以外にも計15ブランドを手掛けている。それらは、一般的な界面活性剤を使用していないヘアケアブランド「HIF」や美容サプリメントドリンクブランド「ファウンデーション(FOUNDATION)」、美白専用ブランド「ホワイトRX(WHITE RX)」、エイジングケアに特化した「NIOD」など、ユニークなコンセプトのブランドばかりだ。ウェブサイトもイマドキ風のおしゃれなレイアウトで、話題を呼ぶのも納得だ。17年6月には、エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)が株式の一部を取得したことからも、いかに注目されているかがうかがえる。日本では直営店の展開はないものの、アジアでは韓国には出店している。