ファッション

iPhone8にAR機能が付いたらショッピングはこう変わる

 iPhone8、または初代iPhone発売から10周年を記念してiPhoneXと名付けられると噂されるiPhoneの最新モデルが、9月13日朝2時(日本時間)からの「アップルスペシャルイベント(Apple Special Event)」で発表されるといわれている。

 iPhoneはこれまでも産業の歴史を塗り替え、われわれの生活をアップデートし続けてきたが、今回は世界中の3億人強のユーザーが手のひらにAR(Augmented Reality、拡張現実)を収めることができるかもしれない。

 ユーザーの視界にイメージのレイヤーを挿入することができるARの技術は、決して新しいものではない。だが、ARはVR(Virtual Reality、仮想現実)とともに、グーグル(GOOGLE)、サムスン(SUMSUNG)、フェイスブック(FACEBOOK)、マイクロソフト(MICROSOFT)など世界の名だたるトップIT企業が開発競争を繰り広げてきた。

 6月にアップル(APPLE)は、ARソフトウエアツール“ARKit”を発表した。“ARkit”により、開発者はAR機能をiPhoneやiPadに搭載することができるアプリを開発できるという。「iOS11のリリースと同時に世界で3億人以上がARにアクセスできることになる。アップルの“ARkit”はゲームチェンジャーになるだろう」とベンチャーキャピタル、シャスタ・ベンチャーズ(SHASTA VENTURES)のジェイコブ・マリンズ(Jacob Mullins)社長は話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら