ファッション

「キジマ タカユキ」が新作コレクションを発売 入場無料のローンチイベントも

 帽子ブランドの「キジマ タカユキ(KIJIMA TAKAYUKI)」が新作コレクション“ハイライン(HIGH LINE)”を直営店と全国8店舗で発売する。キンクの名古屋店、エディションの表参道店と大阪店は販売中で、直営店では8月24日に発売。ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)の六本木店、伊勢丹新宿本店メンズ館2階、ギンザ シックス(GINZA SIX)のシジェーム ギンザ(SIXIEME GINZA)、アーツ&サイエンス(ARTS&SCIENCE)青山店の6店舗は、8月中に順次発売する予定。

 ハット6型とアクセサリー2型の計8型をラインアップ。ビーバーやラビットなど普段は使用困難な、貴重素材や材料を駆使したコレクションだ。

 また、8月24日の17〜21時には「キジマ タカユキ」の代官山店で入場無料のローンチイベントを開催する。当日は素材や制作方法などコレクションについての説明を聞くことができる。実際に商品を手に取ることができ、ケータリングも並ぶ予定。

■HIGH LINE ローンチイベント
日程:8月24日
時間:17:00〜21:00
場所:KIJIMA TAKAYUKI 代官山flag ship shop
住所:東京都渋谷区恵比寿西2-17-4 イースト代官山1階
入場料:無料

[related post="451600" title='“BALEHENGANA”キャップ 予約販売開始']

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら