フォーカス

LVMHプライズ入賞で脚光を浴びたNY拠点の日本人が手掛ける「コウザブロウ」とは

 2017年LVMHヤング ファッション デザイナープライズの特別賞に、ニューヨークを拠点にする日本人デザイナーの赤坂公三郎が選ばれた。赤坂は賞金15万ユーロ(約1920万円)を獲得し、LVMHグループのエキスパートから1年間の指導を受ける。

 赤坂は、1984年生まれの32歳。東京都台東区出身で、実家は貴金属の小売業を営んでいる。日本の大学で哲学を学び、ファッションデザイナーを目指すために渡英。セント・マーチン美術大学を卒業後に米トム ブラウン社でメンズデザイナーとして働いた。その後、奨学金を得て、パーソンズ・スクールの大学院へ進学。在学中にはファッションコンペのVファイルズ ランウエイで優勝。卒業後の2016年に「コウザブロウ(KOZABURO)」を本格スタート。17年春夏には、米トム ブラウン社に出資しているストライプインターナショナルの「コエ(KOE)」のメンズライン“コエブルー(KOE BRU)”のデザイナーに就任した。