ファッション

LVMHプライズ入賞で脚光を浴びたNY拠点の日本人が手掛ける「コウザブロウ」とは

 2017年LVMHヤング ファッション デザイナープライズの特別賞に、ニューヨークを拠点にする日本人デザイナーの赤坂公三郎が選ばれた。赤坂は賞金15万ユーロ(約1920万円)を獲得し、LVMHグループのエキスパートから1年間の指導を受ける。

 赤坂は、1984年生まれの32歳。東京都台東区出身で、実家は貴金属の小売業を営んでいる。日本の大学で哲学を学び、ファッションデザイナーを目指すために渡英。セント・マーチン美術大学を卒業後に米トム ブラウン社でメンズデザイナーとして働いた。その後、奨学金を得て、パーソンズ・スクールの大学院へ進学。在学中にはファッションコンペのVファイルズ ランウエイで優勝。卒業後の2016年に「コウザブロウ(KOZABURO)」を本格スタート。17年春夏には、米トム ブラウン社に出資しているストライプインターナショナルの「コエ(KOE)」のメンズライン“コエブルー(KOE BRU)”のデザイナーに就任した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。