ファッション

「サカイ」や銀杏BOYZのTシャツを手掛ける「タンタン」とは

 丹野真人が手掛ける「タンタン(TANGTANG)」は、2011年からTシャツだけを作り続けて6年目を迎えるブランドだ。シンプルなデザインながら、ロックとユーモアが絶妙に隣り合う佇まいには、独特の味わい深さがある。現在の卸先は、国内が伊勢丹新宿本店やロンハーマン(RON HERMAN)など30アカウント、国外がロンドンとニューヨークのドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)など5店舗。自身のブランド以外にも「サカイ(SACAI)」のカットソーのグラフィックや、日本のロックバンド銀杏BOYZのツアーTシャツをデザインするなど、Tシャツを軸にした仕事は多岐にわたる。

 丹野デザイナーは「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」「アンダーカバー(UNDERCOVER)」などを経て、11年に自らのニックネームを冠した「タンタン」を設立した。「中学生時代からパンクバンドやロックミュージシャンのステージ衣装が好きだった。ずっと見ているうちに、ステージのロックスターも、客席のファンも同じTシャツを着ていることに気づいて、『演者と観客の隔たりをなくすTシャツってすごい!』と思うようになっていた。自分でデザインするからにはTシャツだけに絞った方が集中できるし、誰にも負けないモノを作る自信があった」と丹野デザイナー。12年春夏シーズンにファーストコレクションとして30型のTシャツを発表。親交のある宮下貴裕「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST. 、以下ソロイスト.)」デザイナーの後押しもあり、卸先は順調に決まった。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら