ビューティ

ロック&ナチュラルなイットガール スタッズ・リンデスのビューティアップ術

 2017年から「イヴ・サンローラン・ボーテ(YVES SAINT LAURENT BEAUTE、以下YSL)」のメイクアップアンバサダーに抜擢された、モデルでミュージシャンのスタッズ・リンデス(Staz Lindes)が、プロモーションイベントのために来日した。イギリスのロックバンド、ダイアー・ストレイツ(Dire Straits)の元メンバーであるハル・リンデス(Hal Lindes)と元モデルの母を両親に持ち、彼女自身もSNSをはじめ、さまざまなメディアから高い注目を集める存在だ。ビューティミューズとしてこのほど来日した彼女に、美のこだわりについて話を聞いた。

WWD ジャパン(以下、WWD):日本はいつぶり?

スタッズ・リンデス(以下、スタッズ):4年ぶりです。 その時初めて日本に来たんですが、中目黒に滞在して、原宿や下北沢のビンテージストアに行きました。今回も行きたいです。あと京都に行くチャンスがあるのでとても楽しみです。

WWD:日本でも「YSL」のメイクアップアンバサダーに起用された時の気持ちと、「YSL」お気に入りのアイテムは?

スタッズ:夢がかなったという感じで衝撃でした。「YSL」はずっと好きでしたから。特にリップのコレクションは色も豊富で、テクスチャーも良いし、とても気に入っています。特に好きなのは「ルージュ ピュールクチュール」の1番。それから、「ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ」50番です。あと、ブラックのアイライナーもお気に入りですね。

WWD:これまで「YSL」でいろいろな撮影を行ったと思うが、どのメイクがお気に入り?

スタッズ:2017年スプリング・コレクションのキャンペーンビジュアルの、大胆にピンクやオレンジのアイシャドウを使ったキャットメイクは自分でも気に入っています。

WWD:そもそも美容に目覚めたきっかけは何だった? 

スタッズ:子どもの頃、母がメイクをするところを見ていた時が最初だと思います。メイクアップを通して、強い女性、美しい女性を具現化していく感じに惹かれるようになりました。

WWD:普段のメイクはどんな感じ?

スタッズ:普段はブラックのアイライナーをキャットアイ風にコーナーにひいています。あとはマスカラ。リップはライトにしたり、しっかりつけたり、日によって変えています。

WWD:毎日行っている美容術は?

スタッズ:もちろんあります。私がやっているのはまず、朝起きたらココナツオイルで口をすすぐこと。20分くらいやるように努力しています。それからリンゴ酢でトーニングをすることも。そしてしっかりと保湿をして、日焼け止め、BBクリームですね。

WWD:ココナッツオイルで口をすすぐのは日本ではまだ一般的ではないが、どんな作用がある?

スタッズ:朝水を飲む前にゆすいでキレイにするとデトックスになり良いって言われてるんですよ。本当かどうかわからないけれど、ずっと続けているから、朝やらないと落ち着かなくなっています(笑)。

WWD:それは日本でもブームになるかもしれない。ところで、日本の女性も美への関心は高いが、日本女性の美容はどう思う?

スタッズ:日本に到着して間がないのでそこまで細かく観察できていないんですが、知人や知り合いの日本人女性を見ていると、力強くて、自信を持っていて、クラシックな感じがします。でも、自分自身の見せ方をきちんと知っているような印象を受けます。スタイルに関してもユニークで、とってもステキなので、インスパイアされますね。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら