ファッション

「ニトリ渋谷公園通り店」オープン 国内1000店舗を視野に

 ニトリ(NITORI)は6月30日、「ニトリ渋谷公園通り店(以下、渋谷店)」をオープンし、記者会見を同店隣のシダックス・カルチャービレッジで行った。シダックスビレッジ跡にオープンしたニトリ渋谷は9層約4990平方メートルで山手線沿線では最大だ。

 会見で似鳥昭雄ニトリ会長兼CEOは「わが社が持っているノウハウを出し切った店舗。20~30代の若い層の気持ちをつかむ品ぞろえやコーディネート提案に力を入れた」と言う。ニトリは2015年から都心への出店を加速しており、新宿タカシマヤタイムズスクエア店(以下、新宿店)や目黒アトレ店など、渋谷近辺にも店舗がある。カニバリゼーションに関して同会長兼CEOは、「東京は人口が多いのでカニばっても当然。新宿店は上顧客が多く、対応が間に合っていない状況だ。渋谷店ができたことで、新宿店の混雑が減り、買い物がしやすくなるはずだ」と話す。

 今年は50店開店予定。山手線沿線出店も継続して検討し、名古屋や大阪にも新店舗をオープンする予定だ。海外では中国に年内、14~15店舗開く予定。中国はニトリのようなビジネス・フォーマットがなく、既存店の売り上げは2桁増だ。都市圏以外の戦略に関しては、「創業以来、郊外中心に出店してきた。出店の余地はもうないと言いつつも出店数は毎年更新している。人口5万人前後という人口の少ない場所にも出店し、予想以上の売り上げを上げている。まだ、国内で数百店は出店できると思う」と似鳥会長兼CEO。ニトリは“一番近くのホームファッション・ストア”がコンセプトの小型店である「デコホーム」業態も展開しており、それを合わせると国内1000店舗の可能性もあるという。

 渋谷店の大家である志太勤一シダックス会長兼社長は、ニトリをテナントに選んだ理由を「異業種とは言え、ニトリもシダックスも“人々の暮らしを豊かに”という共通の志がある。渋谷にはない新しい業態だと思い、一緒に渋谷に新風を吹かせたい」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。