ファッション

「ウルトラ ジャパン」、ネオギャルやストリートの枠を飛び出した個性派スタイルも

 ウルトラジャパン実行委員会は、9月27、28日、世界最大級のEDM(エレクトロニック・ダンスミュージック)フェスティバル「ウルトラ ジャパン(ULTRA JAPAN)」を東京・お台場の特設会場で開催した。両日とも好天で過ごしやすい気候であったためか、個性的なファッションで参戦する人が大勢集まった。

 ビビッドなカラーリングのコーディネートを複数人で楽しむ"ペアコーデ"や"チームコーデ"が注目される一方、都市型音楽フェスティバルだけあって、街のファッションの延長線上で装いを楽しむ観客も多数いた。「ウルトラ ジャパン」アンバサダーとして来場していた植野有砂「フィグ&ヴァイパー」クリエイティブ・ディレクターによる、ワントーンのモード&ネオギャルテイストなファッションはその筆頭。クロップド丈のTシャツやスエットにデニムのショートパンツ、または黒のスキニーデニムなどを合わせ、サングラスやヘッドアクセを加えるなど、"フェス"感を抑えたファッショナブルなコーディネートが特徴だ。また、音楽フェスだけあって、白や黒の厚底スニーカーやサンダル、「ドクター マーチン(DR.MARTENS)」に代表されるブーツなど、スタイルが良く見えることを前提としつつも、"踊りやすさ"や"耐久性"を重視した足元が目立った。

 また、ネイティブ・アメリカン風の髪飾りやメイク、サイケデリックなビッグトップス、国旗などをファッションに取り入れ"お祭り"感を全開で表現した個性的な観客も散見された。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら