ニュース

帝人の繊維・製品は今期の売上高が27%増の3300億円に

 繊維商社の帝人フロンティアを中核会社とした帝人の繊維・製品事業グループは18年3月期に、前期比27%増の売上高3300億円を計画する。組織再編に伴うポリエステル事業移管の影響を除いた実質ベースでも、同14.3%増になる。メガブランド向けに供給するスポーツテキスタイル「デルタ」を中心に、衣料向けの高機能テキスタイル事業が全体を押し上げる。日光信二・帝人グループ常務執行役員兼帝人フロンティア社長は、「組織再編により、ポリマー開発から糸・ワタ、テキスタイル、製品までの一体型のバリューチェーン体制が整った。新型繊維『ソロテックス』も、紳士からスポーツ、ファッションの幅広い分野でテキスタイルの評価が高くなっており、今期で現在の2000トンから3割増の拡大を計画している」という。テキスタイルに加え、主力のアパレルOEM(相手先ブランド生産)分野でも高付加価値分野へのシフトを進め、営業利益は同34%増の90億円を計画する。

 17年3月期の繊維・製品事業グループは売上高が同4.2%減の2596億円、営業利益が同25.8%の67億円だった。減収分の113億円のうち、約100億円が円高による為替の影響だった。営業利益では、アパレルOEMで「ソロテックス」を中心にした素材からの差別化製品提案を、ウイメンズとカジュアル分野で進めたことが利益を押し上げた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら