ビジネス

コティ、ジェニファー・ロペスの香水事業売却

 コティ(COTY)が歌手ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)の名前を冠する香水事業をデザイナー パルファン(DESIGNER PARFUMS)に売却することが明らかになった。コティはプロクター アンド ギャンブル(PROCTER AND GAMBLE)から116億ドル(約1兆2800億円)で41ブランドを取得するなどM&Aに積極的だったが、一方で「売上高の6〜8%に相当するビジネスは売却するつもりだ」としていた。発表後、コティの広報は、「この売却は、ポートフォリオ再建計画に基づくもの。今後も、コティの得意分野で、高い成長が見込める事業に集中する」とのコメントを発表した。コティとジェニファー・ロペスは、2003年に「グロー バイ JLo(GLOW BY JLo)」を発売後、これまでに24種類もの香水をローンチしている。

 デザイナー パルファンは買収後、ヨーロッパとアメリカ、アジア、中東を中心にマーケットを拡大する計画だ。同社は、ジャン・パトゥ(JEAN PATOU)、ナオミ・キャンベル(NAOMI CAMPBELL)などのセレブ香水のほか、「ポルシェ デザイン(PORSCHE DESIGN)」などのフレグランス事業を手がけている。

 ジェニファー・ロペスは、「私のフレグランスを作り上げるのは、素晴らしくクリエイティブな経験だった。新たなパートナーと、香水事業の拡大を続けたい」とのコメントを発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら