ビジネス

コティ、ジェニファー・ロペスの香水事業売却

 コティ(COTY)が歌手ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)の名前を冠する香水事業をデザイナー パルファン(DESIGNER PARFUMS)に売却することが明らかになった。コティはプロクター アンド ギャンブル(PROCTER AND GAMBLE)から116億ドル(約1兆2800億円)で41ブランドを取得するなどM&Aに積極的だったが、一方で「売上高の6〜8%に相当するビジネスは売却するつもりだ」としていた。発表後、コティの広報は、「この売却は、ポートフォリオ再建計画に基づくもの。今後も、コティの得意分野で、高い成長が見込める事業に集中する」とのコメントを発表した。コティとジェニファー・ロペスは、2003年に「グロー バイ JLo(GLOW BY JLo)」を発売後、これまでに24種類もの香水をローンチしている。

 デザイナー パルファンは買収後、ヨーロッパとアメリカ、アジア、中東を中心にマーケットを拡大する計画だ。同社は、ジャン・パトゥ(JEAN PATOU)、ナオミ・キャンベル(NAOMI CAMPBELL)などのセレブ香水のほか、「ポルシェ デザイン(PORSCHE DESIGN)」などのフレグランス事業を手がけている。

 ジェニファー・ロペスは、「私のフレグランスを作り上げるのは、素晴らしくクリエイティブな経験だった。新たなパートナーと、香水事業の拡大を続けたい」とのコメントを発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。