ファッション

「ディスカバード」が「DHL デザイナーアワード」を受賞

 メンズブランド「ディスカバード(DISCOVERED)」デザイナーの木村多津也と吉田早苗は22日、「アマゾン ファッション ウイーク東京(以下、AFWT)」で2017-18年秋冬シーズンのランウエイショー開催後に「DHL デザイナーアワード」を受賞した。ショー直後の授賞式で木村デザイナーは「現在、中国、韓国、アメリカとの取り引きはあるが、今後は日本も海外も関係なくビジネス展開していかないと成り立たない。ヨーロッパ、北アメリカ、東南アジアにもビジネスを広げたいと考えていたので、このタイミングでの受賞は嬉しい」とコメントした。

 「DHL デザイナーアワード」は、DHLジャパンと日本ファッション・ウィーク推進機構がAFWTに参加するブランドの中から世界での活躍が期待されるデザイナーを選ぶ賞で、今回で12回目。受賞者は前回が藤田哲平「サルバム(SULVAM)」デザイナー、前々回が今崎契助「プラスチックトーキョー(PLASTICTOKYO)」デザイナーと若手が続いたが、今回は2001年から活動する「ディスカバード」のデュオが受賞した。2人にはDHLの総額50万円相当の海外発送クレジットとトロフィーが贈られた。

【関連記事】
■「サルバム」が「DHL デザイナーアワード」受賞 来季のピッティのゲストデザイナーにも選出

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら