ニュース

ゴルフの「ダブルイーグル」が銀座に2店舗目を出店

 ゼビオグループのヴィクトリアは、大人のゴルファー向けセレクトショップ「ダブルイーグル(Double Eagle)」の銀座店を3月12日にオープンした。場所は東京都中央区銀座2-3-6 銀座並木通りビルの地下1階で、エストネーション銀座店が入居するビル。売り場面積は413平方メートル。

 「ダブルイーグル」は2015年12月、銀座8丁目の商業施設である銀座ナインに出店しているが、反応が良かったために新たな出店を決めた。旗艦店として位置付ける銀座店では、ゴルフアイテムにとどまらず、ゴルフを中心としたライフスタイル全般に及ぶ提案を行う。「ダブルイーグル」は現在、銀座ナインの他に恵比寿店と東京・江戸川区のロッテ葛西ゴルフ内のインショップを構える。

 ウエアについては、ブランドごとのコーディネートではなく、ブランドの枠を超えて提案。同店でしか手に入らない別注アイテムや日本での取り扱いが少ないブランドもラインアップする。

 ギアは約800本のクラブヘッドをそろえ、ゴルフシミュレーターの「アバウトゴルフ」で試用することができる。パターに関しては、ヘッドタイプだけではなく、レングスやグリップの太さまでカスタムすることができる。さらにプロゴルファーの常住充隆が週2日ほど店頭に立ち、ゴルフ選びをサポートする予定だ。

 また「クラブ工房」と呼ばれるスペースを設置し、経験豊富なフィッターが常駐。クラブをカスタマイズしたり、プリント機器を使ってネームやマークをプリントしてオリジナルのボールも制作したりする。

 取り扱いブランドは、ウエアが「アルベルト(ALBERTO)」「アルチビオ(ARCHIVIO)」「キャロウェイ(CALLAWAY)」「モコ(MOCO)」などで、ギアは「ゲージデザイン(GAUGE DESIGN)」「本間ゴルフ(HONMA)」「テーラーメイド(TAYLORMADE)」など。

【関連記事】
■「ニューバランス」が日本のゴルフ事業に参入 ウエアはTSIと共同開発
■三越伊勢丹がゴルフウエアを本格スタート