ニュース

伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店の店長交代

 三越伊勢丹は基幹三店舗の店長人事を発表した。4月1日付で、近藤洋・執行役員兼営業本部商品統括部紳士・スポーツ統括部長兼統括部付(コンプライアンス担当)が、執行役員兼百貨店事業本部伊勢丹新宿本店長に、浅賀誠・執行役員兼営業本部三越銀座店長が執行役員兼百貨店事業本部三越日本橋本店長に、東海林憲昭・執行役員兼営業本部エリア・チャネル事業統括部長が執行役員兼百貨店事業本部三越銀座店長に、それぞれ就任する。

 鷹野正明・常務執行役員兼営業本部伊勢丹新宿本店長と、中陽次・三越伊勢丹・常務執行役員兼営業本部三越日本橋本店長は常務執行役員職と店長職を退く。

【関連記事】
■三越伊勢丹の杉江次期社長「社内の対話」重視
■三越伊勢丹HD社長に杉江取締役経営戦略本部長 大西社長が辞任
■三越伊勢丹の大西社長が退任か

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら