ファッション

東コレ17-18年秋冬のキービジュアルが公開 モデルは新進気鋭の18歳

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFW)は、2017-18年秋冬シーズンの「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO以下、AFWT)」のキービジュアルを公開した。クリエイティブ・ディレクター兼アートディレクターは、昨シーズンに引き続きヨルコ バンザイが担当した。フォトグラファーに山内聡美、スタイリストに長尾悠美、ヘア&メイクアップアーティストに豊田健治、グラフィック・デザイナーに星奈津美、モデルにモトーラ世理奈を起用。「REAL」をコンセプトに二次元(オンライン)と三次元(現実)の融合と対比、“二次元も三次元も関係なくREALになり得る今の世界”をモザイク処理が施された東京タワーを背景に「ソウシオオツキ(SOSHI OTSUKI)」を纏って立つモトーラ世理奈で表現した。

 ヨルコ バンザイは、「バンザイ(BANZAI)」のデザイナー兼クリエイティブディレクターとして活動。ブランドを代表するタッセル付きのトートバッグやナップサックは若い女性を中心に人気を集めている。

 モトーラ世理奈は、1998年10月9日生まれの18歳。雑誌「装苑」や「ナイロン ジャパン(NYLON JAPAN)」を中心に活動中。昨年、資生堂が発行する企業文化誌「花椿」新装刊パイロット版(0号)の表紙や、ロックバンドRADWIMPSのアルバムジャケットに起用され話題となった。

 なお、「AFWT」は3月20〜25日に渋谷ヒカリエと表参道ヒルズを中心に開催。コレクションを見て商品をすぐ購入できる“SEE NOW,BUY NOW”のショーを行うアダストリアの「ハレ(HARE)」の他、昨年10月に「東京ファッションアワード」を受賞した「ダブレット(DOUBLET)」「チカキサダ(CHIKA KISADA)」「ヨウヘイオオノ(YOHEI OHNO)」「ロギーケイ(ROGGYKEI)」「ターク(TAAKK)」などが初参加する。

【関連記事】
■資生堂「花椿」が1年ぶりに復刊 若年層に向けて大幅リニューアル
■「アレッジ」2017年春夏コレクション る鹿やモトーラ世理奈をモデルに起用

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら