ビジネス

スウォッチグループ、2016年度の純利益は半減

 世界最大のウオッチメーカー、スウォッチグループの2016年度通期決算は、売上高が前期比11%減の75億5000万スイスフラン(約8600億円)、純利益が同47%減の5億9300万スイスフラン(約676億円)と大幅な減収減益だった。市況の悪化によりマーケットは当初から減収減益を見込んでいたが、その予想さえ下回った。売上高が1割減だったのに対して利益が半減したのは、同業他社が断行するリストラを回避したため。たとえばリシュモングループは、首脳陣の数さえ減らしたり、一度は小売店に卸した時計を引き取り分解・溶解して地金に戻したりしている。

 スウォッチグループは、「昨年11月以降、中国を中心に売り上げは前年を超え始めた。今年は順調に成長できるだろう」との声明を発表。一方で市場関係者は、「利益率が低下しているにも関わらず、人件費以外の支出が増えているのは問題」と話すなど、厳しい見通しを示している。

【関連記事】
■リシュモン、半期の大幅減益を受け最大250のリストラへ
■リシュモン上半期は純利益51%減 CEO職を撤廃
■リシュモン、純利益が前期比166% ユークスとネッタポルテの合併が追い風に 16年3月期

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら