ファッション

「美女と野獣」モチーフの大人ブライダルリングが登場

 エマ・ワトソン(Emma Watson)主演で実写化されるディズニー映画「美女と野獣」が4月21日に日本で公開されることに先駆け、オーダージュエリーのケイ・ウノ(K.UNO)が「美女と野獣」をモチーフにしたブライダルリングを2月11日に全国35店舗とオンラインショップで発売する。

婚約指輪は、キャラクターを前面に押し出すのではなく、舞踏会で踊るベルとビーストをイメージし、華やかで胸高鳴るような様子をデザインに落とし込んでいる。側面から見ると、ダイヤモンドを支える石座の部分にキャンドルや装飾品がデザインされている。

一方、結婚指輪は、女性用は映画のヒロイン「ベル」のドレスの首回り部分をイメージし、すっきりとしたデザインをエレガントなラインで表現。男性用は、ビーストが醸し出す力強さをテクスチャで表現。大人が一生の宝物として身に着けることを想定した、可愛くなりすぎない繊細なデザインが特徴的だ。

婚約指輪(K18イエローゴールド、ダイヤモンド、中石代別途)12万8000円、女性用結婚指輪(K18イエローゴールド、ダイヤモンド)7万8000円、男性用結婚指輪(K14ローズゴールド)6万8000円(全て税込価格)。

 ケイ・ウノは2010年からディズニージュエリーのオーダーメイドを手がけ、これまで6万種以上のディズニージュエリーを生み出してきた。専門の「ディズニージュエリーコーナー」を全国4店舗(新宿東口店、横浜元町店、栄店、神戸店)に設置しており、全国35店舗の「ケイウノ」とオンラインショップでも商品を取り扱っている。

【関連記事】
■ケイ・ウノがジュエリーと服の新業態セレクトオープン
■「ケンゾー」とディズニーの初コラボが登場 テーマは「ジャングル・ブック」
■「コーチ」がディズニーとのコラボを記念した朝食パーティーを開催

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら