ニュース

米百貨店のメイシーズが1万人以上をリストラ 

 米百貨店のメイシーズ(MACY'S)は今春、全15万8000人の従業員の約7%に当たる1万人以上を解雇する。そのうち6200人は管理職クラスで、残りの3900人は店舗運営に携わる従業員。ただし、販売員はリストラの対象になっていない。

 また、リストラに加え、昨年8月に発表した計画の一環として初春に63店舗、数年以内にはさらに32店舗を閉店する。ミネソタ州ミネアポリスにある12万平方メートルの旗艦店も今年度中に売却する。現在、同社はメイシーズを730店舗、ブルーミングデールズ(BLOOMINGDALE'S)を38店舗構えているが、閉店により今年は合計約5億7500万ドル(約672億円)の売り上げ減を見込む。また、マーケティングや商品、交通費や社内携帯の通話料など、あらゆるコストのカットを図り、これらの戦略により年間約5億500万ドル(約643億円)の経費削減を見込む。

 一方、同社は近年百貨店内初のアップルストアを誘致したり、レディー・ガガ(Lady Gaga)とエルトン・ジョン(Elton John)とコラボしたウエアとアクセサリーのライン“ラブ ブレイバリー(LOVE BRAVERY)”をローンチするなど、さまざまな施策に取り組んでいる。今後は店舗数を縮小するものの、傘下に持つビューティショップの「ブルーマーキュリー(BLUEMERCURY)」や、ディスカウントショップ「バックステージ(BACKSTAGE)」を百貨店内に積極的に出店していく。また、米国内のオンラインビジネスやオムニチャネル事業、アリババのTモール内を通じた中国ビジネスに注力する。さらに海外では、現地パートナーとのライセンス契約により春にはクウェートにブルーミングデールズ、2018年にはアブダビにメイシーズとブルーミングデールズをオープンする。

 アマゾン(AMAZON)をはじめとするeコマース市場の拡大に苦しむのはメイシーズだけではない。アパレル大手のザ・リミテッド(THE LIMITED)は全店舗の閉店作業を進めており、破産もウワサされている他、百貨店のシアーズ(SEARS)は投資会社からさらなる投資を受ける予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら