ファッション

ロンハーマンらも注目のハンガリーブランド「エアロン」とは?

 コロネットは2017年春夏から、ハンガリーブランド「エアロン(AERON)」を本格展開する。同ブランドは、立ち上げから5年という若さながら、世界15カ国以上で展開。日本ではもともと取り扱いのあったロンハーマンに加え、バーニーズ ニューヨーク全店(レザー製品のみ)など約40の取引先が発売する。日本上陸にあたり来日したデザイナーのエスター・アーロンと、ヴィヴィアン・ラズロフィー最高経営責任者(CEO)に話を聞いた。

WWD:ブランドを立ち上げた経緯は?

エスター・アーロン(以下、エスター):18歳でファッションデザインの学校を卒業し、直後にハンガリーのブランドでデザイナーとして働き始めた。そのうちいくつかはグローバルブランドで、合計10年くらい経験を積んだ。その後、「エアロン」立ち上げのチャンスに恵まれ、ヴィヴィアンや、広告会社の友人らとブランドを設立した。

WWDジャパン(以下WWD):ブランドのコンセプトは?

ヴィヴィアン・ラズロフィーCEO(以下、ヴィヴィアンCEO):コンセプトは“グローバルウーマンのための服”。強い個性を持ち、知的で、エフォートレスでミニマルなルックを好む女性のためのブランド。世界中どこにいても、「エアロン」の服を身に着けるだけで、インパクトのあるルックに仕上がる。そういうブランドを目指している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

東コレはもっとアツくなれ! 2022 S/S TOKYO COLLECTION詳報

「WWDJAPAN」9月13日号は、2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、東コレ)」特集です。今シーズンは、通常より1カ月半前倒しての開催で、48ブランドが参加し、20ブランドがリアルショーを実施しました。冠スポンサーの楽天による日本発ブランド支援プロジェクト「バイアール(by R)」で13年ぶりに東京に復帰した「ホワ…

詳細/購入はこちら