ファッション

エアビーアンドビーが注目の観光地ランキングを発表

 エアビーアンドビー(AIRBNB)が2017年注目の観光地ランキングを発表した。15~16年にかけてエアビーアンドビーのリスティングに滞在した宿泊客の増加率を基準に、17位までを公開。1位は米ニューオリンズ・ミルバーグで宿泊客は約16倍、2位はマレーシアのクアラルンプール・カンポン・パルで約10.7倍、3位が豪メルボルン・フィッツロイで約8.7倍だった。ニューオリンズはハリケーン・カトリーナ後の復興も進み、フレンチクォーターやバーボンストリートなどがあるミルバーグ地区への注目が高まったようだ。4位にはユニバーサルスタジオジャパン(UNIVERSAL STUDIO JAPAN)がある大阪・此花区(このはなく)が約7倍でランクイン。5位は仏マルセイユ・シュットラヴィで約7倍、6位はカナダのトロント・ロッククリフスマイスで約5.9倍、7位は米マイアミ・ミッドタウンで約5.3倍と、ロンドン、パリ、ニューヨークといった典型的な観光地とは異なる結果になった。

 エアビーアンドビーはこのデータをもとに、来年、旅行者の間で話題になりそうなトレンドを予測。都会の便利さとリラックスしたムードが楽しめる“混雑していない都会”や緑が豊富でありながらショップやレストランに徒歩で行けるような“壮大な緑”のある場所、そして、ローカルフードを気軽に味わえる“食を楽しめる”場所に人気が集まりそうだ。

 同社は一般のガイドブックには載っていない地元スポットでホストが提供する“体験”型サービスもスタート。例えば7位にランクインしたマイアミではビーチヨガやパドルボーディングなどのスポーツ・アクティビティーのほか、食事などの体験メニューが楽しめるようになっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら