ファッション

永遠のミューズ小林麻美、「洋服の神様がついているんです」

15578501_1218382718242713_5298898357830426791_n

 展覧会「モン イヴ・サンローラン」(主催:公益社団法人日本服飾文化振興財団)が12月10日から、銀座のポーラ ミュージアム アネックスで開催中だ(12月25日まで)。これは、「雨音はショパンの調べ」などのヒット曲でも知られる歌手でモデル、女優としても活躍していた小林麻美が財団に寄贈した「イヴ・サンローラン」のビンテージ約180点から厳選されたルックを披露したもの。小林は今年、7月20日発売号の「クウネル(Kunel)」(マガジンハウス)9月号の表紙を飾り、「伝説のおしゃれミューズ」の連載を開始するなど、四半世紀ぶりに芸能活動を再開している。時を超えて色あせない「イヴ・サンローラン」の魅力そのままに、今もファッションミューズとして注目を集める小林に、「イヴ・サンローラン」や洋服に対する想いを聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):今回の展覧会では、小林さんが寄贈された「イヴ・サンローラン」のビンテージをコーディネートして飾る一方で、ビンテージとUAのリアルクローズをミックスしたスチール画像やバーチャルファッションショーの映像を流すなど、趣向を凝らしていますね。

小林麻美(以下、小林):当時の服をそのままストレートに着せたものもミックスしたものもとてもきれいで、「やっぱり好き!」と改めて感じました。シルエットがとにかく美しいですよね。しかも、今の要素を盛り込んでも違和感なく合わせられるというところもすごい。トラッドがベースにあるからですね。「ラルフ ローレン」もそうですが、だからずっと大好きなんだと思います。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。