ファッション

マックスマーラが上海で新カプセルコレクションを発表

 今年創業65周年を迎える「マックスマーラ(MAX MARA)」は12月15日(現地時間)、中国の上海展覧センターで2017年プレ・フォールのファッションショーを行った。アニバーサリーイヤーの締めくくりとなる今回のイベントでは、中国人アーティストのリウ・ウェイ(Liu Wei)とコラボレーションしたプロジェクト「マックスマーラ モノポリス(Max Mara MONOPOLIS!)」を発表し、リウとのカプセルコレクションも披露した。

 イベント当日は、1955年に建てられた歴史ある建造物として知られる上海展覧センターを上海らしい鮮やかなネオンカラーで彩り、プロジェクトのコンセプトである時代やカルチャーが交錯する革新的な「大都市」を表現した。会場内のランウエイには、鉄やテキスタイル、鏡などさまざまな素材で作られたリウのインダストリアルな作品を随所に設置。ショーでは、ランウエイを歩くモデルに加え、カプセルコレクションを着たモデルを作品と並んで立たせるなど、今回のコラボレーションを引き立てる特別な空間を演出した。

 カプセルコレクションは、イタリアのクラフツマンシップと最先端のアートテクノロジーを融合した11ルックを発表。「マックスマーラ」らしい白と黒、ベージュを基調に、異素材やプリントをミックスしたエレガントなアイテムがラインアップする。あらゆる素材を生かしたアイデアやコンセプチュアルなカラーブロッキングが、リウの作品とリンクしている。同カプセルコレクションは、ショー当日に公式サイトで発売し、日本でも16日から、青山店と銀座三丁目店で販売を始めた。「マックスマーラ」は9月に開催した2017年春夏コレクションのショーで、ブランド初の“すぐ買える”バッグ、新作“ボーバッグ”を発表した。日本では、今回上海で発表したカプセルコレクションが初めてになる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。