ニュース

フランス発、人気冷凍食品専門店「ピカール」の日本1号店がオープン

 イオンサヴールは11月23日、フランス生まれの冷凍食品専門店ピカール(Picard)」の日本1号店「ピカール青山骨董通り店」をオープンした。

 「ピカール」は「365日、いつでも誰でもおいしさ溢れる食卓を」というコンセプトのもとフランスを中心に、イタリア、ベルギー、スウェーデン、スイスのヨーロッパ5ヵ国に展開。現在では1000店舗を超え、フランス人が選ぶ好きな食べ物ブランド調査では5年連続第1位を獲得するなど高い人気を誇る冷凍食品専門のスーパーマーケットだ。

 「ピカール青山骨董通り店」では、旬の素材にこだわった野菜料理の数々や、フランスブランドならではのアペリティフ、デザートなど、朝昼晩それぞれのシーンに合わせて活用できるファッショナブルでバラエティに富んだ200種類以上のラインアップをそろえる。また、冷凍技術を最大限に活かした専門店だからこそ実現できる高鮮度、ナチュラルな製法、エコへの配慮を通じて、近年女性のニーズとして高まっている“エフォートレスな暮らし”、そして“ヘルス&ウエルネス&ハピネスな生活”のサポートをしていくという。オープン初日のテープカットセルモニーに登壇したピカール シュウジュレ SAS社のステファノ・モレッティ国際事業部責任者は「イオンサヴール協力のもと、ここ青山に日本第1号店がオープンできたことをとてもうれしく思う。日本の皆様に健康で安全、そしてバランスのとれた私たちの商品を味わっていただき、ピカールの”美味しい夢”を伝えていきたい。」と話した。

 イオンサヴールは、先行して11月17日にオープンしたEC店舗のほか、12月初旬には中目黒と麻布十番にも出店を予定している。また、従来の「イオン」で展開していた「ピカールコーナー」は「プチピカール(Petit Picard)」として展開をする。

【関連記事】
フランスの冷凍食品専門店「ピカール」が東京・青山に日本初出店

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら