ファッション

「ユニクロ」×カリーヌ 2016‐17年秋冬コレクションのランウエイショーを開催

 「ユニクロ(UNIQLO)」は11月4日、エディターのカリーヌ・ロワトフェルドとのコラボライン“カリーヌ・ロワトフェルド(CARINE ROITFELD)”の2016‐17年秋冬コレクションをランウエイショー形式で開催した。会場となった東京ミッドタウンのショールームに、ファッション業界関係者やインフルエンサーが集まった。アメリカでは10月27日から先行販売しており、日本を含むその他の国では11月11日に発売する。

 今回3シーズン目を迎えるカリーヌとのコラボコレクションは、体にフィットしたライダースジャケットやペンシルスカート、メンズライクなツイードのチェスターコートなど、カリーヌらしいシャープなシルエットのアイテムからなる。ブラックやグレー、キャメルなどのベーシックカラーのアイテムが中心だが、コーデの主役になりそうなレオパードプリントのジャケットやコート、ボタニカルプリントのシャツやワンピースなども組み込んだ。イミテーションファーのジャケットをフライトジャケット風に仕上げ、肩からずらして着るなどのスタイリング提案も。

 会場や音楽、演出までカリーヌの世界観を表現したムードたっぷりのショーでは、モデルのヘアメイクもカリーヌのシグネチャーである太めの眉とスモーキー・アイで本人にそっくり。

 仏「ヴォーグ(VOGUE)」の編集長を長年務めたことで知られるカリーヌ・ロワトフェルドは、2012年からは創刊した雑誌「CRファッションブック(CR Fashion Book)」の編集長を務める傍ら、「ハーパーズ バザー(HARPER'S BAZAAR)」のグローバル・ファッション・ディレクターとしても活躍している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。