ファッション

「ユニクロ」×カリーヌ 2016‐17年秋冬コレクションのランウエイショーを開催

 「ユニクロ(UNIQLO)」は11月4日、エディターのカリーヌ・ロワトフェルドとのコラボライン“カリーヌ・ロワトフェルド(CARINE ROITFELD)”の2016‐17年秋冬コレクションをランウエイショー形式で開催した。会場となった東京ミッドタウンのショールームに、ファッション業界関係者やインフルエンサーが集まった。アメリカでは10月27日から先行販売しており、日本を含むその他の国では11月11日に発売する。

 今回3シーズン目を迎えるカリーヌとのコラボコレクションは、体にフィットしたライダースジャケットやペンシルスカート、メンズライクなツイードのチェスターコートなど、カリーヌらしいシャープなシルエットのアイテムからなる。ブラックやグレー、キャメルなどのベーシックカラーのアイテムが中心だが、コーデの主役になりそうなレオパードプリントのジャケットやコート、ボタニカルプリントのシャツやワンピースなども組み込んだ。イミテーションファーのジャケットをフライトジャケット風に仕上げ、肩からずらして着るなどのスタイリング提案も。

 会場や音楽、演出までカリーヌの世界観を表現したムードたっぷりのショーでは、モデルのヘアメイクもカリーヌのシグネチャーである太めの眉とスモーキー・アイで本人にそっくり。

 仏「ヴォーグ(VOGUE)」の編集長を長年務めたことで知られるカリーヌ・ロワトフェルドは、2012年からは創刊した雑誌「CRファッションブック(CR Fashion Book)」の編集長を務める傍ら、「ハーパーズ バザー(HARPER'S BAZAAR)」のグローバル・ファッション・ディレクターとしても活躍している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら