ファッション

「グッチ」協賛のアート&フィルム祭典がLAで開催 二階堂ふみや伊勢谷友介の姿も

 「グッチ(GUCCI)」がプレゼンティングスポンサーを務める「アート + フィルム ガラ(Art + Film Gala)」パーティーが10月29日(現地時間)、LAのロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA)で開催された。「アート + フィルム ガラ」とは、アート、映画、ファッションにおいて活躍した人物を表彰するイベント。2016年度は、「光と空間」運動のアーティスト、ロバート・アーウィンと、映画「ハート・ロッカー」でアカデミー賞を受賞した映画監督のキャスリン・ビグローが称えられた。LACMA評議員のエヴァ・チャウと、俳優のレオナルド・ディカプリオが6年連続で共同ホストを、アレッサンドロ・ミケーレ「グッチ」クリエイティブ・ディレクターは、ガラ・ホスト委員会の議長をそれぞれ務めた。昨年度の同イベントの収益は400万ドル(約4億1600万円)を超え、収益は毎年LACMAの展示プログラムの強化に充てられる。

 会場には、ブリー・ラーソン(Brie Larson)、グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)、エイザップ・ロッキー(A$AP ROCKY)、ブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)ら豪華ゲストが足を運び、ボーンズ(BORNS)がパフォーマンスを披露した。日本からは、「グッチ」2017年春夏コレクションのシルクカザル オフショルダードレスを身にまとった二階堂ふみと、17年プレ・スプリング・コレクションのタキシードを着用した伊勢谷友介が姿を見せた。

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。