ファッション

日本の優れた地方産品に輝いた「スーホルム」スモークオイル

 アクタス(ACTUS)による飲食・食品ブランド「スーホルム(SOHOLM)」の“スモークオイル(SMOKED OIL)”が2016年度「ザ・ワンダー・ファイブハンドレッド(THE WONDER 500)以下、ワンダー500」に選ばれた。ワンダー500は2015年、経済産業省の地方創生クールジャパンプロジェクトの補助事業としてスタート。世界に知られていない日本が誇るべき地方産品を発掘し、世界に広げていくことを目的にしている。楠本修二郎カフェカンパニー代表をはじめ、大熊健郎ショップ ドー・ディレクターや幅允孝ブック・ディレクターなど日本を代表する27人の目利きプロデューサーと一般公募により「ものづくり」や「食」の分野において47都道府県から約500品を選定。2回目を迎えた今年、「ものづくり」の分野で340品、「食」で163品が選定され、「食」分野の一つとして”スモークオイル“が選ばれた。

 アクタスは14年、品川・天王洲にジビエ料理や季節のこだわりの料理を提供するレストランとしてスーホルムをオープン。店舗で提供する料理のアレンジとして使用していた米油を使った自家製燻製オイルを要望により商品化したのが“スモークオイル”だ。通常の燻製オイルは香りが持続しないが、このオイルは燻製煙を分子レベルで薫香させる特許技術「かずさスモーク」の協力で、香りも美味しさも長持ちするオイルに仕上がっている。

 主原料は日本人が古来から摂取してきた主食材の米(米ぬか)からとれる米油を使用。ビタミンEを多く含み、酸化しにくく、日本人の体に合ったオイルとして注目されている。

 価格は1500円。スローハウス(SLOW HOUSE)の店舗やコーナー、アクタスオンラインショップで販売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら